So-net無料ブログ作成

「インターステラー」 [cinema]


インターステラー ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/3枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

インターステラー ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/3枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray

4月になりました。
2015年の映画鑑賞記録をサボっている間に、どんどんたまっちゃってます。
少しずつ、片づけねば。
1/2(金)にまず最初に観てきたのが、この作品です。
なんとなく、2014年のはじめに「ゼロ・グラビティ」観たっていうのに引きずられてる感じで、まあ、これはこれで、気になっていたので選びました。

クリストファー・ノーラン監督の作品は、「メメント」以来、「バットマン・ビギンズ」、「ダークナイト」、あるいは「インソムニア」などこれまでも代表的なものは結構観てきていました。全部ではないけど、監督自身が手がける脚本も多く、何となく共通してるかもしれないのは、描くドラマとして題材に選んでいるのがハードでシビアな状況での人の格闘する様に関心が強いんじゃないかなという印象があります。
今回は、一気にどこまでも遠大な宇宙の果てにまで人が出向いて、そこで格闘してもがき、それでも希望の光を探すという途方のない設定でした。テーマ自体がそうなんで、映像の中にはやはり「2001年宇宙の旅」へのオマージュととれる描写があったり、物語の後半で登場するマン博士のキャラクター造形に「エイリアン」の要素が感じられたり、過去のSF作品へのリスペクトがあるように思えました。その上で、この2014年の時点でだからこそ描ける科学的には飛躍があったとしても説得力のあるワームホールの姿であったり、更に突き抜けた先に5次元の世界として登場する部屋が物語としてのリンクで重要な意味を持つ描かれ方に寄っていったりする部分とか、最終的にはど真ん中の王道ドラマになる人と人の根源的な繋がりに収束する大叙事詩で、けっこうな長さの尺が気にならずに堪能しました。
新年1本目として大満足です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。