So-net無料ブログ作成

かもめのジョナサン(完成版) / リチャード・バック・創訳:五木寛之 [本のこと。]


かもめのジョナサン完成版

かもめのジョナサン完成版

  • 作者: リチャード バック
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2014/06/30
  • メディア: 単行本


7月に入って書店に寄ったとき、「海賊とよばれた男」の文庫と一緒にこの本が平積みになっているのを発見しました。
かつて学生だった頃に文庫で持っていて、けっこう愛読してた作品です。
その当時はpart threeまでのもので、今回は完全版として、その後のエピソードが追加されています。
主人公のジョナサンが孤高の存在から理解者を得て、それを次の世代に伝えて終わる物語に、さらに一歩、その存在が偉業として独り歩きし、本来真理を追究するための手段でありその主題として置かれていた飛ぶことへの純粋な好奇心は手段であることを目的化してしまい、自由を知るために始めたことが不自由を再生産する方向に加速していくというエピソードが鳴らしている警鐘はやはり重要で、この追加部分を30年以上経過してから味わうことが出来たのは嬉しかったです。
たぶん、何度かこの先、読み返す作品になるでしょう。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。