So-net無料ブログ作成

「鍵泥棒のメソッド」 [cinema]


鍵泥棒のメソッド [DVD]

鍵泥棒のメソッド [DVD]

  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • メディア: DVD

10/14(日)に観てきました。
この作品、大好きな内田けんじ監督で、公開が待ち遠しかったです。
この日は先に「あなたへ」を観て、ハシゴです。
内田けんじ監督は「運命じゃない人」で出会ってから、毎回期待をいい意味で見事に裏切って楽しませてもらっちて、この新作も公開が待ち遠しかったです。
「アフタースクール」に続いて主演の一人は堺雅人氏。
彼が出演してるってだけでまず、他の監督作品でも観たくなるくらいで、今回も(間違いなく本人のせいで)売れない役者を実に楽しそうに演じてて、最高でした。
そして共演はとにかくこの時期、何本掛け持ちしてるんだろうという香川照之さん。この裏稼業のスペシャリストっていう配役とか、やたらきっちりしてる性分とか、キャラクターがこれまた抜群に楽しかったです。その達者な二人を相手に残念なヒロインを演じた広末さん、こういうキャラクター、まず他で振られることはないだろうなぁと思いつつ、妙にリアルな表情がよかったです。後からパンフでの三人の発言を読んでて初めて気づいたんですが、彼女は劇中ほとんど笑顔がなかったんですよね。そのちょっと人生に追い詰められてる感じがなんだかキュートで惹かれました。それと、こちらもまずこんな配役は観たことなかった荒川良々氏。口調は実に穏やか、表情も一切強面な雰囲気を出さない危ない怖さが妙にハマってました。
とにかくトリッキーな展開だったり複雑に絡み合った伏線たっぷりの時間軸の見せ方を期待して観ていて、今回もあっさりそんな観る側の勝手な思い込みを見事に裏切ってくれて、気づけばほんわかハートウォーミングな着地点に、一気に夢中で連れて行かれてしまいました。
いや、面白かったです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。