So-net無料ブログ作成

Fixed Questionsの覚え書き:佐野元春のTHE SONGWRITERS / NHK教育 [Watching TV:Music]

7月に始まったこの番組も、すでに3名のゲストが登場しました。
番組のスタイルは「アクターズ・スタジオ・インタビュー」の構成を模したもので、このFixed Questionsというコーナーもその原型がやはりあります。
この番組の中では、定型質問というものではあるけど、即興的に佐野さんが関連質問を加えたり、多少のニュアンスをその都度変更しているようで、全部同じ項目が少なくとも放映されている中では紹介されていません。
ひとまず、その質疑応答の内容をある程度まで正確に、覚え書きとして記録してみようと思います。
言葉の細かいニュアンスは、文面だけでは再現はうまくできません。
質問によっては、一言で済まない答えもあります。
以下に並べたものは、あくまでその断片です。

まだ番組は続いていきますので、放映後にこの記事は更新していくつもりでいます。
ひとまず、放映が済んだ3名、小田和正氏、さだまさし氏、松本隆氏の分。

* 9/13に、追加更新します。スガシカオ氏の分です。
だんだん分かりにくくなってくるんで、区別のために文字色を変えておきます。

** 9/19に、再度の追加更新です。
まだスガさんの回を記事にまとめてないんですが、次の矢野顕子さんの回答です。



Q(佐野):ソングライターを志したきっかけは?
A(小田):そもそもは、音楽が好きだったからだね。

Q(佐野):影響を受けたソングライターは?
A(小田):それはもう、数限りなく居るから、絞れないよね。
  出会った音楽全てって言っても。


Q(佐野):好きな言葉は?
A(小田):「やってみようぜ」ってのは好きだね。
A(さだ):「捨てない」だね。「諦めない」って言った方がいいかな。
A(松本):「風」。ベタに答える。
A(スガ):「未来」。
A(矢野):「ありがとう」。

Q(佐野):歌詞の中で、どうしても何回も使ってしまう言葉は?
A(小田):「風」多いですね。「風」好きなんですよね。

Q(佐野):嫌いな言葉は?
A(さだ):あんまりないな。
A(松本):無い。言葉は全て平等だと思う。
A(スガ):ないですかね。そんなにないです。
A(矢野):人を卑下したり、人の人格を貶めるような言葉は嫌いですね。

Q(佐野):うんざりすることは?
A(松本):詞を書くこと。
A(スガ):おんなじ事を繰り返すことが。
A(矢野):いっぱいあるけど‥湿気。

Q(佐野):一番嬉しいことは?
A(松本):孫が僕を見て笑った時。
A(スガ):おいしいものを食べてる時。
A(矢野):おいしいものをいただいたとき。

Q(佐野):好きな映画は?
A(小田):「ローマの休日」(1953)好きですね。
A(さだ):きれいな映画が好きだな。たとえば、「黄昏」(1981)。
  ほろほろと泣く映画で言えば「ニュー・シネマパラダイス」(1989)。

A(松本):たくさんあるんだけど、厳選すると「ドクトル・ジバゴ」(1965)かな。
  もう一つは最近観たんだけど「麦秋」(1951)。

A(スガ):「ゴッドファーザー」。
  圧倒されますよね、リアリティーの凄いものを観ると。

A(矢野):繰り返し繰り返し最近観てるのが「たそがれ清兵衛」。

Q(佐野):この先歌って欲しい歌手は?
A(松本):歌っている人全員。僕の詞を表現してくれる人はとにかく全て大切。

Q(佐野):他にやりたい(なりたかった)職業は?
A(小田):小さい時は野球選手に。
A(さだ):いっぱいある。野球選手にはなりたかったな。
A(スガ):学校の先生、以前は建築家。
 人の心に何かを残す仕事をやりたかったんです。ソングライターもそうじゃないですか。

A(矢野):小学校一年の作文で「獣医さんになりたい」って書いたのが多分最後だったと思います。

Q(佐野):人から言われてカチンとくる言葉は?
A(矢野):すごーく昔に学生たちに「おい矢野顕子だぜ。ブスだな」と。

Q(佐野):男性から言われて嬉しい言葉は?
A(矢野):なんでも嬉しい。

Q(佐野):絶対にやりたくない職業は?
A(小田):毎週連載を抱えている漫画家は、締め切りが大変だなと思って。
A(さだ):毎日同じ時間に出勤して机の前に居なきゃいけない仕事。
A(矢野):人を騙す仕事。

Q(佐野):死ぬ前に愛する人に残す伝言は?
A(小田):やっぱり「ありがとう」。
A(松本):自分で気に入ってるんだけど「ごめん」。
A(スガ):難しいですね・・・「あとは頼むぞ」。
A(矢野):「ありがとう」しかないでしょう?

Q(佐野):誰のために曲を書いているか?
A(小田):自分からすすんで書くときは誰かのためにっていうのはあんまりないかな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。