So-net無料ブログ作成

「私の頭の中の消しゴム」 [cinema]

何よりまず、主演の二人
 ◇チョン・ウソン氏の武骨だけど誠実でまっすぐな男性像/チョルス
 ◇ソン・イェジン氏の笑顔の表情が柔らかくてでも芯は強く、やはりまっすぐな女性像/スジン
このお互いをストレートに見つめる眼差しの強さ、自然と惹かれあう絆の確かさに、いつの間にかごく普通に感情移入して観ていました。特に映画の冒頭しばらくは、ほとんど台詞は無いまま映像で語り進めていく構成の脚本の見事さが、ある意味で悲劇のメロドラマの典型(特にそれが先入観として「韓流」とイメージしてしまうようなテーマ)になってしまうはずの内容をリアルに成立させていて、監督の演出力にすっかり魅了されてしまいました。音楽もあくまでさりげなく、じわじわこみ上げてくる二人のお互いを思う強い気持ちの切ない結末。でも、視点はポジティブで。
ラスト近く、コンビニのシーンでのスジンの印象深い台詞は勝手に「フィールド・オブ・ドリームス」を連想してしまいました。あっちは、答えは「いや、アイオワだよ」でしたが。このやりとり、チョルスは当然こう答えるしかないですね。

私の頭の中の消しゴム

私の頭の中の消しゴム

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2006/03/10
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 2

himawari_room

こんにちわ☆
覗きにきましたーー!この映画はオススメですよね。チョン・ウソンさんかっこい~(*^^*)こんな旦那なら奥さんも幸せだわ☆最後のシーンも悲しいだけの終わりじゃないから良かった!
また覗きにきますねo(〃^▽^〃)o
by himawari_room (2005-11-03 10:03) 

cs

ひまわりさん、コメントありがとうございます。
自分は11月1日1000円デーを利用して観たんですが、ほんとすごい得した気分です。あの終わり方はまた観たくなっちゃいますね。病院の先生やお寺に居る師匠とか、おじいさんキャラも味わいがあって好きです。
by cs (2005-11-03 11:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。